骨盤矯正・肋骨矯正・スピリチュアル効果なら

施術前の注意事項

施術前の注意事項

これは、ダメ注意しましょう

一般的な人の骨格矯正の維持期間

 部位により多少の変化の度合が違いますが 最初の1周間、施術で移動した分の2〜3割程度戻り、2週間で4〜5割程度戻ります。
 それ以降、生活習慣に伴うくせを解消しない限り、骨格の場合1〜3年程度の時間をかけて元に戻ります。筋肉の場合は1〜3ヶ月程度で元に戻ります。故に当店では、最低でも1周間から2週間以内に1回のご来店をお奨めしております。また身体の負担等を考慮し最低でも2日以上期間を開けての来店をお奨めいたします。

 

骨格矯正による弊害及び施術後の変化

 骨格矯正を施術した場合、骨格・筋肉移動により臓器の移動が発生し身体的に負担がかかります。骨格矯正を施術した場合、骨格移動により筋肉の場所が変るため使う筋肉が変わる場合があります。これにより筋肉痛が発生・倦怠感・脂肪位置の変更等がございます。骨盤矯正を施術した場合、統計上5割〜6割の方が生理のタイミングがズレた等々の影響が出ています。

重要事項(ご高齢の方で稀に出た事例)

稀に、発熱・下痢・嘔吐感・頭痛・めまい・心拍数上昇等が御座います。これらの症状は、個人差が御座いますが1〜3日後から発生する場合がございます。発生後2〜3日で落ち着く場合がほとんどです。

お断りする内容・分野

整体術の非対象疾患・整体術が適当でない対象疾患

非対象疾患

厚生労働省通達(平成03年06月28日 医事第58号)により、腫瘍性、出血性、感染性疾患、リュウマチ、筋萎縮性疾患、心疾患等は施術できません。

適当でない疾患

椎間板ヘルニア、後縦靭帯骨化症、変形性脊椎症、脊柱管狭窄症、骨粗しょう症、環軸椎亜脱臼、不安定脊椎、側彎症、二分脊椎症、脊椎すべり症等明確な診断が医療機関より出されている場合、危険性がある為基本的にお断りします。

わからない場合・各種質問ご相談

 

事前相談等は、メールにて受付いたします。なるべく詳細を記載の上ご連絡願います。

 

 



ホーム RSS購読 サイトマップ
トップページ 女性のスタイルの悩み ご予約 交通アクセス 料金